スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表の顔と裏の顔


名古屋市では、市長と議会の対立が、激化しているようであります。
議員としては、河村市長の言い分は、横暴なところも感じます。
内容は、ともかく世間の注目する選挙になってくるようであります。
それはそうと先日、明治大学時代の友人から連絡がありました。
なんと、河村市長派で市議会議員選挙に立候補すると言うのです。
東海高校出身の優秀な男でありますので、当選の暁には、市議会で、
リーダーシップを発揮していくか、オピニオンリーダーになっていくに違いありません。
ところで、河村市長は、どんな人か尋ねました。すると、テレビで見るのと会ってみるのでは、
大違いと言うのです。
私の見た目では豪放磊落でがさつなイメージがありましたが、実は知的で冷静な理論家だそうです。
あの独特のパフォーマンスは、私が見ると下品で有権者を馬鹿にしているように見えます。
河村市長は、真剣に名古屋市を変えたいということを友人に切々と説いたそうです。
あの見た目は、河村市長の演技ということであります。

私が、持つ名古屋市の印象は二つあります。
これは全国市議会議長会時代に聞いた話でありますが、ある総務省OBによれば、
名古屋モンロー主義というのがあるそうです。特に愛知県との間には、微妙な対立があるとかないとか?
巨大な政令指定都市を抱える、道府県は、事情はいずこも同じであるような気がしますが…

もう一つは、名古屋市の議長は、全国の会議に一度もご出席頂けなかったように記憶しております。
他に重要な公務があったのでしょう。
まさか全国市議会の会議は、行かないことになっていたなんてことは、ないと思います。

東海地区の議長会の総会も欠席されていたような気がします。


そんなこんなで、名古屋の騒動は、客観的に見ています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川県議会議員 国松誠

Author:神奈川県議会議員 国松誠
神奈川県議会議員 国松誠のブログへようこそ!

公式HPはこちらから!
http://www.m-kuni.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。