スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢消防・はしご車寄贈についての報告part1

DSC_1426.jpg

はじめまして、国松事務所の三橋亨です。

約1年かけて寄贈した、はしご車のこれまでの経緯を報告

したいと思いますので、宜しくお願いします。

たしか去年の10月頃、国松の高校の後輩である総務課

の方がはしご車の廃車になるのが来年の3月に出るとの

話を、親しくしている藤沢でご商売されている山路氏に

話したところ、フィリピンの友人が消防車などが不足し

てるので昔、新潟の方が寄贈したことがある話を思い出

し是非とも寄贈できないか模索してほしいとの話になり

国松に相談したところ、所属しているライオンズクラブ

を使って寄贈したらいいのではないかとアドバイスし

ライオンズクラブの先輩の伊澤氏に相談したところ、

いい話ではないかとなり、例会の議題に上げてもらい

クラブの皆さんに了解をとり、このプロジェクトが出発

しました。

はじめに山路氏、伊澤氏、消防総務課の担当者、三橋
(当日、国松は所用の為欠席)の4人で集まり実現可能
かを含めて話し合いをしました。
問題点としまして

①藤沢市側が寄贈してくれるか
②単一クラブの事業とするか地区クラブの事業とするか
 (単会会長名かガバナー名にするか)
③フィリピンまでの運搬輸送費の負担をするか
④20年おちのはしご車なんで何かあっても責任が
 とれない

など色々な問題点を上げて各自が調べてまた相談する

事になったのが始まりでした。

おかげさまで、4つの問題点は藤沢市側の寛大な配慮の

もと、湘南藤沢ライオンズクラブに寄贈することになり

運搬輸送費はクラブにて負担することが決まり実務に

入ることになったのが、今年の1月でした。

市側の関係書類、及びフィリピン側のアクセス先などは

消防総務課が準備し、ライオンズクラブ窓口は伊澤氏が

担当し、英文などは観光協会の奥村さんに担当してもら

い、フィリピン大使館及び輸送手配は国松が担当するこ

とになりました。

寄贈先はマニラ近郊都市のモンテンルパ市という所で

近年発展しつつある都市なのですが、やはり国が違うと

なかなか話が進まず、しかも大使館を入れたことにより

意思疎通がうまくいかず難航しまして、消防側は車検の

期日があるので焦り、大使館も日本語が出来る職員が

1人しかおらず返事が多々帰って来ず、日々返事待ちの

状態が続く中、モンテンルパ市長が日本に来ることに

なり、ただでさえ話が進まないのに来日して寄贈式典

だけ開催することになったときは、しょうじき話が無く

なるのではないかと国松と話してました。

そしてようやく藤沢市から藤沢湘南ライオンズクラブへ

の譲渡が決まり、フィリピンまでの運搬輸送費もライオ

ンズで負担することも決まり、それでは藤沢市で寄贈

式典を開催しましょうということになりモンテンルパ

市長が是非、式典に参加したいという事になりまして

藤沢市長とモンテンルパ市長の予定を調整して開催する

ことになったのが、3月11日11時から、そう東日本

大震災の4時間前の出来事でした…

当日は11時より市役所本館前で寄贈式典を開催し、

その後、山路氏のイタリアンレストランで昼食会をし

その後数名で江ノ島に観光しに行ってる時に、地震が

発生したそうです(私は昼食会までご一緒させていただ

きました)

その後はご存知の通り、もちろん国松にとっても選挙どこ

ろではない状態になり、しかもフィリピン大使館は今後の

対応は難しいとの連絡があり、こちらも二期目の大事な

選挙を目の前にして選挙をどう戦いぬいていくかでいっぱ

いで、それどころでなっかたのが現実でした。

だだモンテンルパ市長及び議員の皆さんから被災の応援

メッセージが届いたのは励みになりました。

そして 祝!4月10日 20464票の藤沢市民の皆さまの

信任をいただき二期目の県議会に行く事になりました。

part2へつづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川県議会議員 国松誠

Author:神奈川県議会議員 国松誠
神奈川県議会議員 国松誠のブログへようこそ!

公式HPはこちらから!
http://www.m-kuni.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。